卵殻膜の効果は化粧品で実感!おすすめ3選♪

卵殻膜の効果は化粧品で体感しましょう。卵殻膜を使用した化粧品のおすすめを紹介します。効果のほどは?

卵殻膜について

卵殻膜の化粧品は手作り可能!化粧水とパックを自宅で作ろう!

投稿日:

卵殻膜には、赤ちゃんのぷるぷるした肌に豊富な「Ⅲ型コラーゲン」を増やす効果があります。

この卵殻膜を使った「手作りの化粧水」「手作りのパック」を愛用している人達がいます。

「コスパがよく、効果も抜群!」と好評です。

どうやって作るのか興味がありますよね。

そこで、「卵殻膜の手作り化粧水とパックの作り方」をご紹介します。

注意点もいろいろありますので、しっかり読んでから作るかどうかを決めましょう!

卵殻膜の手作り化粧水の作り方。注意点を守って!

卵殻膜の手作り化粧水は、卵殻膜を強いアルコールに漬け込んで作ります。

手順としては簡単なのです。

ただ、できあがる量に対して「かなりの数の卵」を使います。

しかも、使う卵はゆで卵ではなく「生卵」です。

殻を割ったあとに、どのように卵を使うかも考えておきましょう。

【材料】
・生卵 約10個
・強いアルコール(ウォッカやホワイトリカーなどアルコール度数40%以上のもの) 100ml
・精製水 80~100ml
・グリセリン 0~20ml(好みで増減させる)
・200ml以上はいる容器

※約200ml分の化粧水ができあがります。
精製水とグリセリンは、足して100mlになるよう混ぜて下さい。

【作り方】
1.生卵をきれいに水で洗う

2.卵を割り、殻の内側のヌルヌルを流水で洗い流す

3.割った卵の殻を、水に約半日漬ける
 ・暑い時期には冷蔵庫で漬けること

4.卵殻膜を殻からはがす
 ・水から上げた後、少し乾燥させるとはがしやすい
 ・はがした卵殻膜はザルの上に置くのがベスト
 ・皿やクッキングシートの上だと、くっつく可能性があるので要注意

5.はがした卵殻膜を乾燥させる
 ・色が白くなるまで乾燥させる

6.容器を水洗いする

7.洗った容器に、アルコール・乾燥させた卵殻膜を入れる

8.1~2週間放置する

9.ろ過が可能なクッキングペーパーをザルにしき、卵殻膜を漬け込んだアルコールをこす
 ・こす際、クッキングペーパーは絞らず自然に濾過するのを待つこと

10.こしたアルコールに精製水とグリセリンを混ぜる
 ・グリセリンには保湿効果があるのでお好みで使用する

11.卵殻膜化粧水の完成!
 ・完成した化粧水は冷蔵庫保存する
 ・使う前にはパッチテスをする

手作り化粧水の注意点!

卵は、割った瞬間から雑菌が繁殖しやすくなります。
作業は手早くやりましょう。

また、作った化粧水が嫌なニオイがでてきたら、使用を中止し捨てましょう。
そのまま、使い続けてはいけません。

手作りの卵殻膜化粧水には、保存料が入っていないので早めに使いきりましょう。

紹介した作り方で、約200mlの化粧水ができあがります。

もし200mlを使い切るのに時間がかかりそうな場合には、少量ずつ作りましょう。

精製水を混ぜる前の「卵殻膜を漬けたアルコール」は、比較的長く保存できます。

一度に全て混ぜず、少量ずつ作ることで腐敗が防げます。

50mlの化粧水を作りたければ、「アルコール25ml+精製水25ml」で作ります。

グリセリンを足すばあいには、精製水と合わせて25mlになるように混ぜます。

「卵殻膜を漬けたアルコールの量」と「精製水+グリセリンの量」は同量、と覚えておくとアレンジしやすいですね。

繰り返しの注意点となりますが、卵には雑菌がとても繁殖しやすいです。

完成した化粧水は、必ずパッチテストをしてから使うようにして下さいね。

卵殻膜では、手作りパックも!作り方と注意点とは?

卵殻膜のパックは、殻からはがした卵殻膜を顔に貼るだけです。

簡単に見えますが、実は結構たいへんです。

でも、効果は抜群ですので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。

【材料】
・生卵(パックしたい範囲に合わせて個数をきめる)

【作り方】
1.生卵を割る

2.ピンセットなどを使い、殻から卵殻膜を丁寧にはがす
 ・殻を潰さないように注意しながら、殻にヒビをいれるとはがしやすい
 ・卵殻膜を少し乾燥させてからはがすと、はがれやすい

3.卵白がついてヌルヌルしていた面を、肌の気になる部分に貼る

4.5分から30分ほど放置する
 ・最初は短時間から開始すること

5.はがした後は、いつものようにお手入れをする

手作りパックの注意点!

できるだけパックの直前に卵を割りましょう。
菌の繁殖を防ぐためです。

手作りの卵殻膜パックを使う前に、クレンジング・洗顔を済ませておきましょう。

手作りの卵殻膜パックは「時間との戦い」です。

卵殻膜は菌が繁殖しやすいので、手早く作業する必要があります。

もし顔全体にパックしたいとなると、かなりの卵の数が必要となります。

卵殻膜をはがすには時間がかかりますので、顔全体を一気にパックするのは難しいでしょう。

目尻やほうれい線など「シワの気になるところ」「シミや毛穴の気になるところ」を最優先にパックすることをおすすめします。

卵殻膜の化粧水とパックのまとめ

卵殻膜の美容効果は、とても高いです。

卵の値段は、それほど高くありませんよね。
自宅で化粧水やパックを手作りするとかなりコスパが高いです。

ただ、卵殻膜を殻からはがすのには「慣れ」が必要です。

菌の繁殖を防止するためにも、手早く作業する必要があります。

また、生卵を使用するので「卵の使いみち」も考えておく必要があります。

作った化粧水は、ニオイなどで「なんか変かな?」と感じたらすぐに捨てましょう。

「コスパがいい」「効果がある」卵殻膜の手作りコスメですが、はっきりいうとズボラさんにはむいていません。

デメリットや注意点もしっかり把握し、チャレンジしましょう。

手作りにこだわらないというのであれば、やはり市販されている卵殻膜の化粧品を購入するほうが楽ですし、安心です。

卵殻膜の化粧品を使いたいというのであれば、市販品も選択肢にいれてみてくださいね。

-卵殻膜について

Copyright© 卵殻膜の効果は化粧品で実感!おすすめ3選♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.