卵殻膜の効果は化粧品で実感!おすすめ3選♪

卵殻膜の効果は化粧品で体感しましょう。卵殻膜を使用した化粧品のおすすめを紹介します。効果のほどは?

最近「卵殻膜」という美容成分をよく目にしますよね。

卵殻膜とは、ゆで卵をむく時に時々邪魔をする「薄い皮」のことです。

あの白っぽい膜が、「美容にすごい効果を持っている」と今すごく話題になっているんです。

今では多くの化粧品にも使用されています。

でも一体どんな効果を持っているのか、今ひとつ分かりにくいですよね。

そこで、最強の美容成分と言われているけど謎がいっぱいの「卵殻膜」について、詳しくご紹介します。

おすすめの化粧品もあわせて紹介します。

目次

卵殻膜ってなに?なぜそんなに注目されているの?

卵殻膜は、卵の殻の内側にある「白い薄い膜」のことです。

孵化するまでの間、「外界の刺激」からひよこを守る役目をもっています。

卵殻膜の成分のほとんどは「タンパク質」です。

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」といった「美容によい成分」がたっぷり含まれています。

しかも卵殻膜の成分は、人間の「肌」や「髪」になじみやすい性質を持っています。

実は、昔の人は「卵殻膜の肌への効果」に気付いていました。

傷を早く治す力があり、美容にも良いと知っていたのです。

例えば、昔の人は「擦り傷」や「火傷」などに卵殻膜を貼って治していたんですよ。

今でも、相撲部屋やスポーツ界の一部で使われています。

つまり、医療技術が進んだ現代でも「卵殻膜が傷をきれいに治す」と使われているのです。

また、昔の女性は卵殻膜を「フェイスパック」として使っていました。

卵殻膜が「シミやシワにいい」ということを知っていたんですね。

昔の人が気付いたほど、卵殻膜はすごい力を秘めています。

でも、卵殻膜は熱に強く、水や油にも溶けない性質です。

そのため、これまでは美容や健康の製品として加工できませんでした。

けれども、現在では技術が進み、卵殻膜を「化粧品・サプリ・ドリンク」などに使うことができるようになったのです。

とても身近な存在だったのに、知らずにいた卵殻膜のすごさ。

知れば知るほど驚きの連続ですよね。

卵殻膜の驚きの効果!お肌の悩みを持っている人必見です!

昔の人が、美容や傷口の治癒のために肌に貼っていた「卵殻膜」。

最近、「卵殻膜の美容効果がとにかくすごい!」と話題になっています。

具体的に、どんな効果があるのでしょうか?

まず注目したいのは、卵殻膜には「肌を若々しくよみがえらせてくれる」という驚きの効果があることです。

卵殻膜の効果を見ていきましょう。

Ⅲ型コラーゲンを増やして「ぷるぷる赤ちゃん肌」に!

卵殻膜は、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」といった成分で作られています。

たしかに、美容に効果がありそうですよね。

でも、卵殻膜が注目されている一番の理由は「Ⅲ型コラーゲン」を増やす働きがあるからなんです。

「Ⅲ型コラーゲン」とは、赤ちゃんの肌に豊富に含まれているコラーゲンです。

赤ちゃんの肌は、ぷるぷるモチモチと弾力がありますよね。

しかも表面はすべすべで柔らかく、いつまでも触っていたい気持ちよさがあります。

赤ちゃんのような「ぷるぷる肌」に保つためには、Ⅲ型コラーゲンが必要です。

でも残念なことに、Ⅲ型コラーゲンは年齢とともに減っていきます。

25歳を過ぎると、どんどん減少していくと言われています。

だから、大人と赤ちゃんの肌はあんなに違うんですね。

特に年齢肌になってくると、「ハリ」もなくなり「シワ」も増えてきます。

そんな年齢肌も、Ⅲ型コラーゲンが増えると「赤ちゃんのようなモチモチ肌」に近づけます。

卵殻膜には「Ⅲ型コラーゲンを増やす力」があります。

若さのコラーゲンと呼ばれる「Ⅲ型コラーゲン」を増やすことができるなんて、嬉しい限りですよね。

だから、卵殻膜の効果が美容業界で大きく注目されているのです。

シスチンの宝庫!肌や髪がいきいきと若返る!

卵殻膜はⅢ型コラーゲンを増やし、赤ちゃんのような「ぷるぷる肌」へと導きます。

でも、それだけではありません。

卵殻膜には、「シスチン」というアミノ酸がとても豊富に含まれています。

シスチンが体内で変化すると、「Lーシステイン」という成分になります。

L-システインは、「シミやそばかす」に効果のあるサプリによく含まれています。

「美肌作りや美白に欠かせない成分」と言われています。

そして、シスチンは肌の生まれ変わり「ターンオーバー」を促進してくれます。

だから「肌の若返り」も期待できます。

肌はタンパク質からできていますが、「髪の毛やまつ毛」「爪」なども同じくタンパク質です。

つまり、シスチンは肌だけでなく髪や爪にも効果的なんです。

ツヤツヤと潤いある髪や、きれいな爪を目指すことも可能です。

さらに、解毒作用もあることがわかっています。

説明しきれないほど「シスチンの効果」はすごいですね。

卵殻膜には、そんなシスチンが豊富に含まれています。

他の食品と比べても、卵殻膜のシスチン含有量はダントツに高いんですよ。

卵殻膜の効果は、ひとつやふたつではありません。

しかもそのどれもが、女性にとって嬉しい効果ばかりです。

特に、これまで難しかった「エイジングケア」に効果的です

積極的に「美肌ケア」に使っていきたいですね。

卵殻膜のとり方にはどんな方法があるの?

卵殻膜は、美容によい成分ばかりで構成されています。

実際に「美容効果が高い」ことも実証されています。

でも、卵殻膜はどうやって使うのでしょうか?

卵殻膜のとり方には「肌につける方法」「口から摂取する方法」の2種類があります。

◎肌からのとり方

卵殻膜には、赤ちゃんのようなぷるぷる肌にしてくれる「Ⅲ型コラーゲン」を増やす効果があります。

スキンケアに積極的に使いたいですよね。

卵殻膜が配合されたスキンケア用品には、さまざまな種類があります。

「クレンジング・洗顔料」から「化粧水・美容液・クリーム」まで、幅広い化粧品があります。

いろんなアイテムがあるので、自分に合ったとり方を選ぶことが可能ですね。

より確実に効果を実感できるとり方は、卵殻膜が「高濃度に配合」されているものを使うことです。

特に「美容液」や、ひとつで何役も担っている「オールインワンジェル」がおすすめです。

◎口からのとり方

卵殻膜は、卵の殻の内側についている薄い皮のことです。

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」など、美容にも健康にもいい成分がたっぷり含まれています。

ぜひ「身体の内側」からのケアとして摂取したいですよね。

でも、卵殻膜をそのまま食べるとり方は「消化が悪く」おすすめできません。

それに、多く摂取しようとしても限りがありますよね。
卵から薄皮だけを取って摂取するには、手間も時間もかかります。

消化が悪いだけでなく、めんどうさも出てきてしまいます。

でも、口から摂取できない方法がないわけではないんですよ。

卵殻膜の「サプリメント」や「美容ドリンク」などがあります。

卵殻膜は、普段からよく食べる卵の一部です。

サプリや美容ドリンクも、安心して飲めますね。

◎髪やまつ毛にも使える!

卵殻膜は「シスチン」というアミノ酸がとても豊富です。

シスチンは「美白効果」といった肌への効果だけでなく、「毛や爪を健やかにする効果」も持っています。

髪やまつ毛への効果的なとり方として、卵殻膜を使った「ヘアケア商品」「マスカラやまつげ美容液」などがあります。

上記のように、卵殻膜の摂取方法は多く選択することができます。

あなたが、卵殻膜でどのような効果を得たいのかで選んでくださいね。

卵殻膜の副作用が心配!毎日使っても大丈夫?

卵殻膜の効果を知ると、今日から毎日使いたくなります。

でも中には「卵=アレルギー」というイメージを持っていて、副作用が心配な方もいるのではないでしょうか。

普段はなんともなくても、疲れたり体調が悪い時には「卵でブツブツ」が出てしまう人もいます。

卵殻膜の成分のほとんどは「タンパク質」です。

同じタンパク質をとり続けると「アレルギーがでそう」と心配な方もいますよね。

卵殻膜を使った化粧品やサプリは、毎日使っても「副作用」はないのでしょうか?

卵殻膜には副作用がないって本当?

卵殻膜は、卵の一部です。

つまり、医薬品ではなく「食品」に分類されます。

食品である卵殻膜には、「副作用」はありません。

でも「副作用がない=心配がない」とは限りません。

食品には「アレルギー」という心配があります。

卵殻膜は、卵の一部です。

アレルギーは、大丈夫なのでしょうか?

「アレルギーが出ない」と断言できない理由とは?

卵の一部である卵殻膜は、卵アレルギーの人も使えるのでしょうか。

使い続けて「アレルギーになったりしないか」も心配ですよね。

卵アレルギーの原因のほとんどは「卵白」にあります。

卵殻膜には、卵アレルギーの原因となる成分は含まれていません。

そのため、「卵殻膜ではアレルギーは基本的に起こらない」と言われています。

現に、「卵殻膜は卵アレルギーの人でも大丈夫」と断言しているメーカーもあります。

けれども卵殻膜は、卵白と密接に接触しています。

本当に卵殻膜に卵白の成分がついていないか、不安が残りますよね。

メーカーによって製造方法のすべてを知ることができるわけではありません。

「もし悪質なメーカーが製造したものであったのなら・・・」そう考えると卵アレルギーを持っている人は不安になります。

卵殻膜の商品を取り入れるときは、信頼できるメーカーや販売店を選ぶようしてくださいね。

そこで、卵殻膜を使った化粧品を使うときには「パッチテスト」を行なうようにしましょう。

さらに、重度の卵アレルギーの人は、かかりつけ医に確認してから使ってくださいね。

直接、卵殻膜を使う時には特に注意!

卵殻膜そのものは「アレルギーを引き起こす成分」を持っていません。

さらにメーカー側も、多くの人が安全・安心に使えるよう「アレルギーが起きないような配慮」をしっかり行っています。

つまり、市販されている卵殻膜の製品は「ほぼ安全」と言えます。

むしろ心配なのは、卵殻膜を直接使った時です。

一部の人は手作りで、直接「卵殻膜パック」をしたり、「手作りの化粧品」を作ったりしています。

手作りの場合、アレルギーの元となる「卵白成分」が混合している可能性があります。

手作りで卵殻膜をつかう時には、アレルギーに注意しましょう。

卵殻膜を手作りでつかう方法!安いけど○○でした

美容効果の高い卵殻膜ですが、実は手作り化粧品の材料として使っている人もいます。

卵殻膜を使った手作り化粧品の代表的なものは、「化粧水」と「パック」です。

コスト的には、比較的安く作れます。

ただ、作り方は正直かなり「面倒」です。

簡単に「どのようにして作るのか」をご紹介します。

卵殻膜の手作り化粧水の作り方

まずは、卵の殻から卵殻膜をはがします。

はがした卵殻膜を、ホワイトリカーなどのアルコール液に「1~2週間」漬けこみます。

卵殻膜を漬けた液に、グリセリンや精製水を混ぜて完成です。

この手作り化粧水には、かなりの数の卵が必要です。

数が多いため、卵殻膜をはがす作業には時間もかかります。

けれども割った卵には、「菌が繁殖する可能性」があります。

大変ですが、できるだけ手早く作業しましょう。

卵殻膜の手作りパックの作り方

卵殻膜パックは、比較的簡単にできます。

殻から卵殻膜をはがし、顔の気になる部分に貼るだけです。

注意点は、やはり菌が繁殖しやすいことです。

卵の殻を割った後は、できるだけ早くパックに使いましょう。

手作り化粧品のメリットとデメリット

手作りの卵殻膜化粧品のメリットは、なんといっても「安い」ことです。

卵は、それほど高い食材ではありません。

しかも、卵殻膜はもともと捨てられていたものです。

コストパフォーマンス的には最高といえます。

けれども、デメリットもあります。

一番のデメリットは、「菌が繁殖しやすい」ということです。

殻を割った卵は、サルモネラ菌が繁殖しやすくなります。

勿論、殻の内側にある卵殻膜にも菌がつきます。

殻を割ったら、できるだけ早く使うようにしましょう。

「卵アレルギー」の可能性も、デメリットのひとつです。

手作りでは、アレルギーの原因となる「卵白成分」を完全に取りのぞくことはできません。

卵アレルギーの人には、卵殻膜の手作り化粧品はおすすめできません。

卵殻膜を使った手作り化粧品は、とても安く作ることができます。

けれども、菌の繁殖やアレルギーなどの心配があります。

さらに殻から卵殻膜をはがす作業は、かなり手間がかかります。

はっきり言って、手作りはかなり「面倒」です。

コスト面だけでなく「手間や安全面」も考慮し、市販の化粧品と比較しましょう。

○まとめ

最近注目されている卵殻膜の効果には、想像を超えた魅力がありました。

なんと言っても、「Ⅲ型コラーゲン」が増える効果は見逃せません。

赤ちゃんのモチモチ肌は、Ⅲ型コラーゲンが豊富です。

「肌にハリがなくなってきた人」「たるみが気になっている人」は、すぐにでも試したくなりますね。

また、「ターンオーバーの促進」「美肌・美白作用」も嬉しい効果です。

髪やまつ毛、爪も健康になるので「肌以外の悩み」も解決してくれます。

卵殻膜は、化粧品やサプリなど様々な製品がでています。

「自分に合ったとり方」を選ぶことができます。

卵殻膜の研究はまだまだ途中。

いまだ知られてない効果が、もっと出てきそうです。

今後も卵殻膜の効果から目が離せませんね。最近「卵殻膜」という美容成分をよく目にしますよね。

卵殻膜とは、ゆで卵をむく時に時々邪魔をする「薄い皮」のこと。

あの白っぽい膜が、「美容にすごい効果を持っている」と今すごく話題になっているんです。

でも一体どんな効果を持っているのか、今ひとつ分かりにくいですよね。

そして卵というと気になるのが「アレルギー」などの副作用です。

「肌に使って大丈夫なの?」とちょっと心配です。

そこで、最強の美容成分と言われているけど謎がいっぱいの「卵殻膜」について、詳しくご紹介します。

卵殻膜ってなに?なぜそんなに注目されているの?

卵殻膜は、卵の殻の内側にある「白い薄い膜」のことです。

孵化するまでの間、「外界の刺激」からひよこを守る役目をもっています。

卵殻膜の成分のほとんどは「タンパク質」です。

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」といった「美容によい成分」がたっぷり含まれています。

しかも卵殻膜の成分は、人間の「肌」や「髪」になじみやすい性質を持っています。

実は、昔の人は「卵殻膜の肌への効果」に気付いていました。

傷を早く治す力があり、美容にも良いと知っていたのです。

例えば、昔の人は「擦り傷」や「火傷」などに卵殻膜を貼って治していたんですよ。

今でも、相撲部屋やスポーツ界の一部で使われています。

つまり、医療技術が進んだ現代でも「卵殻膜が傷をきれいに治す」と使われているのです。

また、昔の女性は卵殻膜を「フェイスパック」として使っていました。

卵殻膜が「シミやシワにいい」ということを知っていたんですね。

昔の人が気付いたほど、卵殻膜はすごい力を秘めています。

でも、卵殻膜は熱に強く、水や油にも溶けない性質です。

そのため、これまでは美容や健康の製品として加工できませんでした。

けれども、現在では技術が進み、卵殻膜を「化粧品・サプリ・ドリンク」などに使うことができるようになったのです。

とても身近な存在だったのに、知らずにいた卵殻膜のすごさ。

知れば知るほど驚きの連続ですよね。

卵殻膜の驚きの効果!お肌の悩みを持っている人必見です!

昔の人が、美容や傷口の治癒のために肌に貼っていた「卵殻膜」。

最近、「卵殻膜の美容効果がとにかくすごい!」と話題になっています。

具体的に、どんな効果があるのでしょうか?

まず注目したいのは、卵殻膜には「肌を若々しくよみがえらせてくれる」という驚きの効果があることです。

卵殻膜の効果を見ていきましょう。

Ⅲ型コラーゲンを増やして「ぷるぷる赤ちゃん肌」に!

卵殻膜は、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」といった成分で作られています。

たしかに、美容に効果がありそうですよね。

でも、卵殻膜が注目されている一番の理由は「Ⅲ型コラーゲン」を増やす働きがあるからなんです。

「Ⅲ型コラーゲン」とは、赤ちゃんの肌に豊富に含まれているコラーゲンです。

赤ちゃんの肌は、ぷるぷるモチモチと弾力がありますよね。

しかも表面はすべすべで柔らかく、いつまでも触っていたい気持ちよさがあります。

赤ちゃんのような「ぷるぷる肌」に保つためには、Ⅲ型コラーゲンが必要です。

でも残念なことに、Ⅲ型コラーゲンは年齢とともに減っていきます。

25歳を過ぎると、どんどん減少していくと言われています。

だから、大人と赤ちゃんの肌はあんなに違うんですね。

特に年齢肌になってくると、「ハリ」もなくなり「シワ」も増えてきます。

そんな年齢肌も、Ⅲ型コラーゲンが増えると「赤ちゃんのようなモチモチ肌」に近づけます。

卵殻膜には「Ⅲ型コラーゲンを増やす力」があります。

若さのコラーゲンと呼ばれる「Ⅲ型コラーゲン」を増やすことができるなんて、嬉しい限りですよね。

だから、卵殻膜の効果が美容業界で大きく注目されているのです。

シスチンの宝庫!肌や髪がいきいきと若返る!

卵殻膜はⅢ型コラーゲンを増やし、赤ちゃんのような「ぷるぷる肌」へと導きます。

でも、それだけではありません。

卵殻膜には、「シスチン」というアミノ酸がとても豊富に含まれています。

シスチンが体内で変化すると、「Lーシステイン」という成分になります。

L-システインは、「シミやそばかす」に効果のあるサプリによく含まれています。

「美肌作りや美白に欠かせない成分」と言われています。

そして、シスチンは肌の生まれ変わり「ターンオーバー」を促進してくれます。

だから「肌の若返り」も期待できます。

肌はタンパク質からできていますが、「髪の毛やまつ毛」「爪」なども同じくタンパク質です。

つまり、シスチンは肌だけでなく髪や爪にも効果的なんです。

ツヤツヤと潤いある髪や、きれいな爪を目指すことも可能です。

さらに、解毒作用もあることがわかっています。

説明しきれないほど「シスチンの効果」はすごいですね。

卵殻膜には、そんなシスチンが豊富に含まれています。

他の食品と比べても、卵殻膜のシスチン含有量はダントツに高いんですよ。

卵殻膜の効果は、ひとつやふたつではありません。

しかもそのどれもが、女性にとって嬉しい効果ばかりです。

特に、これまで難しかった「エイジングケア」に効果的です

積極的に「美肌ケア」に使っていきたいですね。

卵殻膜のとり方にはどんな方法があるの?

卵殻膜は、美容によい成分ばかりで構成されています。

実際に「美容効果が高い」ことも実証されています。

でも、卵殻膜はどうやって使うのでしょうか?

卵殻膜のとり方には「肌につける方法」「口から摂取する方法」の2種類があります。

◎肌からのとり方

卵殻膜には、赤ちゃんのようなぷるぷる肌にしてくれる「Ⅲ型コラーゲン」を増やす効果があります。

スキンケアに積極的に使いたいですよね。

卵殻膜が配合されたスキンケア用品には、さまざまな種類があります。

「クレンジング・洗顔料」から「化粧水・美容液・クリーム」まで、幅広い化粧品があります。

いろんなアイテムがあるので、自分に合ったとり方を選ぶことが可能ですね。

より確実に効果を実感できるとり方は、卵殻膜が「高濃度に配合」されているものを使うことです。

特に「美容液」や、ひとつで何役も担っている「オールインワンジェル」がおすすめです。

◎口からのとり方

卵殻膜は、卵の殻の内側についている薄い皮のことです。

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」など、美容にも健康にもいい成分がたっぷり含まれています。

ぜひ「身体の内側」からのケアとして摂取したいですよね。

でも、卵殻膜をそのまま食べるとり方は「消化が悪く」おすすめできません。

それに、多く摂取しようとしても限りがありますよね。
卵から薄皮だけを取って摂取するには、手間も時間もかかります。

消化が悪いだけでなく、めんどうさも出てきてしまいます。

でも、口から摂取できない方法がないわけではないんですよ。

卵殻膜の「サプリメント」や「美容ドリンク」などがあります。

卵殻膜は、普段からよく食べる卵の一部です。

サプリや美容ドリンクも、安心して飲めますね。

◎髪やまつ毛にも使える!

卵殻膜は「シスチン」というアミノ酸がとても豊富です。

シスチンは「美白効果」といった肌への効果だけでなく、「毛や爪を健やかにする効果」も持っています。

髪やまつ毛への効果的なとり方として、卵殻膜を使った「ヘアケア商品」「マスカラやまつげ美容液」などがあります。

上記のように、卵殻膜の摂取方法は多く選択することができます。

あなたが、卵殻膜でどのような効果を得たいのかで選んでくださいね。

卵殻膜の副作用が心配!毎日使っても大丈夫?

卵殻膜の効果を知ると、今日から毎日使いたくなります。

でも中には「卵=アレルギー」というイメージを持っていて、副作用が心配な方もいるのではないでしょうか。

普段はなんともなくても、疲れたり体調が悪い時には「卵でブツブツ」が出てしまう人もいます。

卵殻膜の成分のほとんどは「タンパク質」です。

同じタンパク質をとり続けると「アレルギーがでそう」と心配な方もいますよね。

卵殻膜を使った化粧品やサプリは、毎日使っても「副作用」はないのでしょうか?

卵殻膜には副作用がないって本当?

卵殻膜は、卵の一部です。

つまり、医薬品ではなく「食品」に分類されます。

食品である卵殻膜には、「副作用」はありません。

でも「副作用がない=心配がない」とは限りません。

食品には「アレルギー」という心配があります。

卵殻膜は、卵の一部です。

アレルギーは、大丈夫なのでしょうか?

「アレルギーが出ない」と断言できない理由とは?

卵の一部である卵殻膜は、卵アレルギーの人も使えるのでしょうか。

使い続けて「アレルギーになったりしないか」も心配ですよね。

卵アレルギーの原因のほとんどは「卵白」にあります。

卵殻膜には、卵アレルギーの原因となる成分は含まれていません。

そのため、「卵殻膜ではアレルギーは基本的に起こらない」と言われています。

現に、「卵殻膜は卵アレルギーの人でも大丈夫」と断言しているメーカーもあります。

けれども卵殻膜は、卵白と密接に接触しています。

本当に卵殻膜に卵白の成分がついていないか、不安が残りますよね。

メーカーによって製造方法のすべてを知ることができるわけではありません。

「もし悪質なメーカーが製造したものであったのなら・・・」そう考えると卵アレルギーを持っている人は不安になります。

卵殻膜の商品を取り入れるときは、信頼できるメーカーや販売店を選ぶようしてくださいね。

そこで、卵殻膜を使った化粧品を使うときには「パッチテスト」を行なうようにしましょう。

さらに、重度の卵アレルギーの人は、かかりつけ医に確認してから使ってくださいね。

直接、卵殻膜を使う時には特に注意!

卵殻膜そのものは「アレルギーを引き起こす成分」を持っていません。

さらにメーカー側も、多くの人が安全・安心に使えるよう「アレルギーが起きないような配慮」をしっかり行っています。

つまり、市販されている卵殻膜の製品は「ほぼ安全」と言えます。

むしろ心配なのは、卵殻膜を直接使った時です。

一部の人は手作りで、直接「卵殻膜パック」をしたり、「手作りの化粧品」を作ったりしています。

手作りの場合、アレルギーの元となる「卵白成分」が混合している可能性があります。

手作りで卵殻膜をつかう時には、アレルギーに注意しましょう。

卵殻膜を手作りでつかう方法!安いけど○○でした

美容効果の高い卵殻膜ですが、実は手作り化粧品の材料として使っている人もいます。

卵殻膜を使った手作り化粧品の代表的なものは、「化粧水」と「パック」です。

コスト的には、比較的安く作れます。

ただ、作り方は正直かなり「面倒」です。

簡単に「どのようにして作るのか」をご紹介します。

卵殻膜の手作り化粧水の作り方

まずは、卵の殻から卵殻膜をはがします。

はがした卵殻膜を、ホワイトリカーなどのアルコール液に「1~2週間」漬けこみます。

卵殻膜を漬けた液に、グリセリンや精製水を混ぜて完成です。

この手作り化粧水には、かなりの数の卵が必要です。

数が多いため、卵殻膜をはがす作業には時間もかかります。

けれども割った卵には、「菌が繁殖する可能性」があります。

大変ですが、できるだけ手早く作業しましょう。

卵殻膜の手作りパックの作り方

卵殻膜パックは、比較的簡単にできます。

殻から卵殻膜をはがし、顔の気になる部分に貼るだけです。

注意点は、やはり菌が繁殖しやすいことです。

卵の殻を割った後は、できるだけ早くパックに使いましょう。

手作り化粧品のメリットとデメリット

手作りの卵殻膜化粧品のメリットは、なんといっても「安い」ことです。

卵は、それほど高い食材ではありません。

しかも、卵殻膜はもともと捨てられていたものです。

コストパフォーマンス的には最高といえます。

けれども、デメリットもあります。

一番のデメリットは、「菌が繁殖しやすい」ということです。

殻を割った卵は、サルモネラ菌が繁殖しやすくなります。

勿論、殻の内側にある卵殻膜にも菌がつきます。

殻を割ったら、できるだけ早く使うようにしましょう。

「卵アレルギー」の可能性も、デメリットのひとつです。

手作りでは、アレルギーの原因となる「卵白成分」を完全に取りのぞくことはできません。

卵アレルギーの人には、卵殻膜の手作り化粧品はおすすめできません。

卵殻膜を使った手作り化粧品は、とても安く作ることができます。

けれども、菌の繁殖やアレルギーなどの心配があります。

さらに殻から卵殻膜をはがす作業は、かなり手間がかかります。

はっきり言って、手作りはかなり「面倒」です。

コスト面だけでなく「手間や安全面」も考慮し、市販の化粧品と比較しましょう。

○まとめ

最近注目されている卵殻膜の効果には、想像を超えた魅力がありました。

なんと言っても、「Ⅲ型コラーゲン」が増える効果は見逃せません。

赤ちゃんのモチモチ肌は、Ⅲ型コラーゲンが豊富です。

「肌にハリがなくなってきた人」「たるみが気になっている人」は、すぐにでも試したくなりますね。

また、「ターンオーバーの促進」「美肌・美白作用」も嬉しい効果です。

髪やまつ毛、爪も健康になるので「肌以外の悩み」も解決してくれます。

卵殻膜は、化粧品やサプリなど様々な製品がでています。

「自分に合ったとり方」を選ぶことができます。

卵殻膜の研究はまだまだ途中。

いまだ知られてない効果が、もっと出てきそうです。

今後も卵殻膜の効果から目が離せませんね。

投稿日:

Copyright© 卵殻膜の効果は化粧品で実感!おすすめ3選♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.